医療脱毛の口コミにある「痛くない」は本当?

掲示板やSNSなどで、あるいは雑誌広告などで、特定のクリニックの医療脱毛を受けた人の感想として「ぜんぜん痛くない」あるいは「思ったほど痛くない」「ほとんど痛くない」といった声を目にすることがよくあります。

そういった口コミのうちどれが真実でどれがフェイクかどうかを見破る方法はありませんが、これから医療脱毛を受けようと考えている人にとっては「本当のところ、結局痛いの? 痛くないの?」ともどかしい気持ちになるのではないでしょうか。

そこで、医療脱毛は結局のところ痛いのか痛くないのか、そしてなぜ、口コミの痛みに関する評価はこんなにもまちまちなのかについて考えてみたいと思います。

医療脱毛とは?

医療脱毛とは「医療機関(クリニック)だけで受けられる、医師または医師の指導下にある看護師だけに施術が許されている医療行為」のことです。脱毛施術が受けられるのはクリニックのほかにエステサロンなどがありますが、サロン脱毛は医療脱毛と異なり使用できる機器も限られているため、医療脱毛ほどの効果は期待できないと考えられています。

さて、一般に医療脱毛と呼ばれているのは「レーザー脱毛」のことです。

「肌に強い光をあてると、肌の白い部分では光のほとんどが反射するが、ムダ毛の周辺ではメラニン色素により色が濃くなっているため、光が反射しにくく熱に変わる。この熱が毛乳頭や毛母細胞、バルジ領域(発毛因子が生まれるところ)などの発毛組織にダメージを与え、脱毛する」というのがレーザー脱毛の原理ですが、これはエステサロンなどで施術される光脱毛と原理的にはだいたい同じです。

違うのは使用する機器と光の性質で、医療脱毛では波長、発光方式、照射方法、出力などを精密にコントロールできる医療用機器を使用するため、患者様ひとりひとりの肌色・肌質にあわせた安全性と高い脱毛効果が期待できます。

ただし、こうした機器は使いこなしの技術と肌に対する専門知識を必要とします。このため、医師または看護師が施術する必要があり、医師、看護師以外の人には施術が許可されない医療脱毛に指定されているというわけです。

医療脱毛の痛みとは?

上記のような医療脱毛で、もしも痛みが発生するとすればその原因は何でしょうか?

レーザー脱毛に使用されるレーザーは、ムダ毛とその発毛組織だけにピンポイントで熱を集中させます。このためレーザーを照射する一帯の皮膚そのものがヤケドをすることはありません。

とはいえ、発毛組織を破壊するだけの熱は発生しているわけですから、その周辺にある神経にも熱は伝わり、その刺激によって熱を感じる。これが医療脱毛の痛みの原因です。

ただし、よく「エステ脱毛はレーザー脱毛よりも出力が低いので痛みが少ない」などという話を聞きますが、これにはあまり信憑性がありません。エステ脱毛に使用される機器は医療用機器ほど詳細な設定ができないため、狙ったムダ毛だけにピンポイントで熱を集めることができにくく、結果として痛みを強く感じる場合があるからです。

痛みは部位・毛の太さ・個人差によって大きく異なる

さて、次は人の体と痛みとの関係について考えてみましょう。

たとえば、耳たぶを軽くつねってみてください。それほど痛みは感じないはずです。

次に、同じぐらいの強さでワキのあたりをつねってみましょう。耳たぶの時より痛みを強く感じるのではないでしょうか。

このように、人の体は部位によって痛みに対する感度が大きく違います。

また、ピンセットや毛抜きなどで腕の毛を1本抜いてみてください。次に、すねなど太い毛が生えている部分の毛を1本抜いてみましょう。抜きやすさや抜いたときの痛みにかなりの違いがあるのではないでしょうか。

このように、ムダ毛の悩みにつながりやすい濃くて太い毛ほど毛穴にしっかりと根をおろしており、脱毛するためには多くの熱を必要とします。

こうした理由から、脱毛する部位や毛の太さによって脱毛に伴う痛みには大きな差が発生します。また、痛覚には大きな個人差があることも知られています。

医療脱毛について「かなり痛かった」「それほど痛くなかった」「ぜんぜん痛みはなかった」などさまざまな口コミがある背景には、脱毛部位や個人差といった違いも影響しているでしょう。

痛みを軽減する技術も進化している!

医療脱毛では痛みを軽減する技術が年々進化を遂げています。

肌にダメージを与えにくくするだけでなく、脱毛効果を保ちながら痛みを感じないギリギリのデリケートな出力調整が可能なレーザー照射装置を導入したり、患者様の肌質に合わせた機器が選択できるようにしたりというクリニックも増えています。

また、クリームタイプの麻酔や笑気麻酔を導入したり、施術後に炎症を抑える薬を塗ったりといった処置は医療機関ならではの対応です。

さらに、脱毛する部位を機器に密着させて肌への負担を最小限にしたり、冷却したりして痛みを感じにくくしたりといった技術も進化しています。

ひょっとして、痛みに関する口コミの内容に大きな違いがあるのは、クリニックによるこうした設備の違いも影響しているのかもしれません。

【まとめ】医療脱毛の口コミにある「痛くない」は本当?

ここでは、

  • 医療脱毛で痛みが発生するしくみ
  • 脱毛の痛みは施術部位やムダ毛の太さなどによって異なること
  • 少なくとも「サロン脱毛のほうが医療脱毛より痛くない」という根拠はないこと
  • 医療脱毛は脱毛効果だけでなく痛みの軽減に対しても技術が進歩し続けていること
  • クリニックの設備の違いが痛みの程度に関係しているかもしれないこと

などを説明してきました。

口コミを参考にするのもいいのですが、他人の意見を鵜呑みにするのではなく、ここで説明したことも参考にクリニック選びをしていただければと思います。