医療脱毛の契約時に抑えておきたい8つのこと

医療脱毛を受けたいという女性は多いでしょう。ただ、医療脱毛というと費用がかかるイメージがありますし、コース契約する必要があると聞き、敬遠している人もいるかもしれません。

確かに医療脱毛を受ける際には、双方の同意に基づくきちんとした契約が必要になります。そこで今回は、医療脱毛の契約を結ぶ前に知っておくべき注意点をご紹介します。

疑問点は契約を結ぶ前に確認

医療脱毛を受ける人は増えているといわれていますが、普段のちょっとした店での買い物とは異なり、少し高額になります。それゆえ、きちんとした契約を結ぶのが一般的です。普通の買い物とは異なり、慎重になる必要があります。

医療脱毛に限らず、契約というものは一度結んでしまうと通常は途中で解約できなかったり、解約した場合、解約手数料が発生したりすることもあるためです。医療脱毛の場合、解約手数料は一切かからないこともありますが、かかるケースもあることはしっかり認識しておきたいものです。

「契約しなきゃよかった」と後悔しないためには、その契約内容や、途中解約可能かどうか、解約手数料が発生するのかなど、一通り確認しておくことが重要です。

医療脱毛の契約前にはどんなことに注意すればいい?

医療脱毛が初めての場合、契約前にどんなことを確認すればいいのか分からないこともありますよね。そこで注意しておきたい内容を一通り確認していきましょう。

見積もり金額

契約する金額は、カウンセリングなどで医師と相談した際に提示された金額と同じかどうか契約書の文面をしっかり見て必ず確認しましょう。場合によっては「アフターサービス」などという名目で追加料金が付加されていることもあるためです。

途中解約時に解約手数料が発生するかどうか

途中で引っ越しをすることになったり、肌が合わずに脱毛を続けられなくなったりした場合、途中で解約せざるを得なくなることもあります。その場合、解約手数料が発生するのか、発生する場合いくらなのか必ず確認しましょう。

返金保証はあるか

途中解約した際に、残りの金額を返金してくれる保証のことを返金保証といいます。もし返金してくれる場合、全額なのか、全額ではない場合何%返金されるのか必ず確認しましょう。また、返金保証の期間が定められていることも多いので、よく確認することが必要です。

コース契約期間(有効期限)

医療脱毛はコースの契約期間が決まっていることが多いです。通常3年~5年を上限に定められていることが多いです。仕事が忙しいなど、時間に制限がある方はしっかりとチェックしておきたい内容です。

当日キャンセルはできるか・キャンセル料は発生するか

通い始めたら、脱毛を受ける日時の予約を取るのが一般的です。しかし、何かどうしても抜けられない用事が入ってしまったり、体調不良になってしまったりした場合などは、キャンセルが必要なこともあるでしょう。その場合に、当日や何日前までのキャンセルは受けてくれるのか、また、キャンセル料は発生するかなどは必ず確認しておきましょう。

クーリング・オフはできるのか

クーリング・オフ制度とは、日本の法律に定められている制度です。訪問販売や電話勧誘販売などに対する、不意打ちのような勧誘による契約を結んだ際に、一定期間の間であれば、無条件に契約を解除することのできる制度です。解約金などは一切かからず、契約時にいくらか払い込んだのであれば、全額戻ってきます。

そして、このクーリング・オフは、医療脱毛の契約に対しても有効です。必ず契約時にクーリングオフの説明を受けるようにしましょう。

打ち漏れが起こった場合、追加料金がかかるのか?

まれに、医療脱毛クリニックでは医療レーザー機を用いて照射を行う際に「打ち漏れ」が発生することがあります。打ち漏れは、施術者の腕によるところも大きいですが、レーザーの光が届きにくい、照射しにくい部位などにも発生します。いくら腕の立つ施術者であっても、打ち漏れが起こることもあるのです。

この打ち漏れが起こった場合、再度照射を受けるのが一般的ですが、その際、追加料金がかかるかどうかを確認しておきましょう。良心的な美容クリニックであれば、追加料金は一切かかかりません。

肌トラブルへの処置は料金がかかるのか?

医療脱毛では、赤みや炎症、火傷などの肌トラブルが起こることもあります。その場合、医療機関であれば、すぐに何かしらの処置を行ってもらえるものですが、その際、料金負担はどうなるのかを確認しておきましょう。

もし不安があるなら…

契約の際、少しでも不安があるのであれば、契約を結ぶのは控えましょう。

大切なのは、すべての項目に納得した上で契約を結ぶことです。そのために、いくつかのクリニックに見積もりをとってみて、契約書を見せてもらうというのもおすすめです。解約手数料や返金保証などを確認して、比較するのもいいでしょう。

また、もし契約してしまった後に、途中解約したいけれど料金がかかることを知らなかった、追加料金が発生していることに気づいたなどといった場合には、国の消費生活センターに相談する方法もあります。消費生活センターに相談すればすべてが解決するわけではありませんが、相談に乗ってもらえますし、適切な対処法も教えてもらえます。

【まとめ】医療脱毛の契約時に抑えておきたい8つのこと

医療脱毛は高額な費用がかかるものです。契約時にはできる限りのことを確認し、慎重に選択しましょう。そのためにも、契約前に施術を受ける医療脱毛クリニックのことを充分に知り、信頼のおけるところを選ぶのをおすすめします。